鉄道ニュース

【お知らせ】千代田線6000系車輌が引退

 東京メトロでは、千代田線6000系車輌が2018年10月5日(金)の営業運転をもって通常運行を終了し、10月13日(土)から11月11日(日)までの土休日限定で一日一往復綾瀬~霞ケ関間を特別運転を実施する。なおこの特別運転はヘッドマークを掲出しての運行となる。

 

20181002123531-61ae3915d2da6be0620763c5b6b90d6d5795a066.jpg     ▲東京メトロウェブサイトより


【千代田線6000系】
 1968年に試験導入、1971年から量産車がデビューし353輌が製造された。デビュー当時は回生ブレーキとチョッパ制御方式を世界で初めて採り入れた省エネルギー車輌であった。また、アルミ製車体を本格導入し、6000系以降製造された車輌の標準型となった車輌でもあり、1972年にはローレル賞を受賞した。

 

■実施車輌
 6000系車輌(6102編成または6130編成)

■運行区間
 東京メトロ 千代田線 綾瀬~霞が関間

■実施日程
○10月13日(土)・14日(日)・20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)
○11月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)

■問合せ
 東京メトロお客様センター
 TEL.0120-104-106(9:00~20:00 年中無休)

listmark詳しくはこちら