鉄道ニュース

【お知らせ】都営地下鉄 デンソーウェーブと共同開発した新型QRコードを用いたホームドア開閉制御システムが運用開始

 都営地下鉄と産業用機器メーカーの株式会社デンソーウェーブは共同開発した新型QRコードを用いたホームドア開閉制御システムの運用を開始した。

 システムは1編成ごとに搭載される通信制御機器の代わりにQRコードと駅ホームのスキャナーを用いるもの。ドア数が違う車両や異なる車両編成を走らせていてもホームドアに対応することができる。

 また、QRコードを用いることによりホームドアなどの設備費用低減や、ホームドア対応のための車両本体の改修工期の短縮が見込まれる。2020年春までに都営地下鉄浅草線の大門駅(2019年11月)・三田駅(2019年12月)・泉岳寺駅(2020年1~2月)への設置を予定、 2023年度までに浅草線全駅への整備を目標にしている。

20191004164148-3ddc441216f6c4eba8c4c4358bd44001499a6ca2.jpg

20191004164407-606a1d2b49d2805888ee512af8e41aa02515151f.jpg 20191004164637-028afd273570af452709983715f431b50ab33104.jpg

※画像はすべて株式会社デンソーウェーブ プレスリリースより