ショッピング

乗工社 なりひらのねるそん 東武鉄道63号機(12mm・完成品)

 

 

乗工社 なりひらのねるそん 東武鉄道63号機(12mm・完成品)

 

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

乗工社製の1/87・12mmゲージ、東武鉄道63号機「なりひらのねるそん」の完成品です。

東武63号機は元は国鉄の6250形で、明治時代にイギリスのネルソン社(Neilson)が製造した
4-4-0軸配置のテンダー機。東武には1944年に譲渡され、1963年まで活躍しました。
主に北千住付近の貨物ヤードから業平橋間の貨物短距離輸送に用いられたことから、
1960年代末に「けむりプロ」が「なりひらのねるそん」として趣味誌に発表。
以後ファンの間でそのように知られるようになった機関車です。

このモデルは1991年に同形機の64号機と同時に製品化されましたが、細部まで特定ナンバーとして
作り分けられていたのが当時としては画期的な製品化でした。
動力はマシマ製円筒形モーターをテンダーに搭載し、シャフトをエンジン側に伸ばして第一動輪を
駆動する、「テンダーモーター・エンジンドライブ方式」。
動輪とテンダー台車にはイコライザーが組み込まれて安定した走行に寄与しています。

 

とにかくファインスケールであることの魅力がたっぷり味わえる形式であり、
今は亡き乗工社社主・倉持尚弘氏(他ならぬ「けむりプロ」の一員でした)の美意識が
ひしひしと伝わってくるモデルではないでしょうか。

 

◇仕様
  ・1/87、12mmゲージ
・塗装済完成品

※未使用品ですが、長期保存のため内部の保護用ウレタンが劣化し、
廃棄せざるを得ませんでした。代替品にて十分養生の上でお届けいたします。

 

定価:160,380円(税込)

予定数終了につき販売終了しました。