ショッピング

迫力の「ジェット音」サウンド付き、C62 2号機(特典雑誌付き)

国鉄最大にして最後の旅客用大型蒸気機関車がC62です。戦時中に大量に製造され、戦後は余剰が発生していた貨物用D52のボイラーなどを利用して製造され、当初は東海道・山陽本線で優等列車用として用いられましたが、電化の進展により地方に転出。中でも最大の見せ場となったのが北海道・函館本線での活躍で、慣れぬ「山線」で特急時代にはあり得なかった重連で急行〈ニセコ〉などを牽引する姿は、折からの「SLブーム」の中で最大の話題となったのです。重連での通過時には、蒸機のサウンドというよりはまるで離陸するジェット機のエンジン音のような、迫力あるサウンドがあったという「伝説」が残っています。そしてその精鋭たちの中でも最も人気が高かったのが、デフにツバメマークの入った2号機でした。

本商品は、大人のための高級モデルを長年提供してきた、東京・銀座の老舗、天賞堂による完成品モデル。ボディは重量感のあるダイキャスト製です。最大の特徴は「カンタムサウンドシステム」というリアルなサウンド機構を搭載していることで、しかもこれはお手持ちの直流制御方式でも手軽にお楽しみいただけます。


◇仕様

 

・HOゲージ(1:80スケール、16.5mmゲージ)塗装済完成品
・フライホイール付モーター搭載
・ヘッドライト/テールライト各部点灯
・カンタム・サウンド・システム搭載
※通過最小半径R550
★カンタムサウンド仕様のモデルは、お手元のDCパワーパック(HOゲージ用)をご利用いただくことで、サウンドがお楽しみいただけます。さらに、“カンタム・エンジニア(アナログサウンド・コントロール)”を別途お買い求めいただくと、汽笛・コンプレッサー音や、ライト点灯などのギミックがお楽しみいただけます。

 


【特典】

好評発売中『国鉄時代アーカイブス6 日本の蒸気機関車C62②』(定価1,944円+税、ネコ・パブリッシング刊)を1冊お付けいたします。

 

 

販売価格:93,960円(税込)

予定数終了につき販売終了しました。